交通事故の示談が成立後に再び請求することは出来るのか?

事故が起きてしまってお互いきちんと話し合いをして示談が成立したのはいいけれど、何か問題が起きた時請求は出来るのでしょうか?
基本的には示談成立後に再び賠償金を請求することは難しいのですが、実は例外もありますのでその例外も覚えておきましょう。
例えば、示談成立後に交通事故の後遺症が出てしまった場合の請求につきましては請求することが可能となっています。
示談書には以後一切の請求をしないという文言が入っていますが、予測できなかった後遺症が出てくる可能性もありますからその場合は改めて損害賠償を求められるようになっているのです。


交通事故のケガでタクシーに乗っていても請求できる?

事故のケガで病院までタクシーで通っているけれど、このタクシー代は請求できるの?という質問をよく見かけます。
何ともなく通うのが大変だから家から離れているからタクシーを利用しているという理由の場合は請求が認められません。
ただし、交通事故のせいで足を骨折して松葉づえをつかなければならず、タクシーでなければ通院が難しい場合は認められます。
気を付けていただきたいのは、この時タクシー会社からきちんと領収書を発行してもらう事なので、決して忘れないように。


弁護士が強い味方になってくれる

相手が一方的に話を進めて話にならない場合や、謝罪する態度が見られない時などにも弁護士が強い味方になってくれます。
弁護士費用もリーズナブルとなっている場所がありますので、ぜひ一度交通事故に関して相談してみることをおすすめします。
交通事故に関する事はやはり専門家に頼った方が頼もしいので、こういった分野に強い弁護士に頼りましょう。

Posted in 交通事故に関する事 | 交通事故の示談が成立後に再び請求することは出来るのか? はコメントを受け付けていません。

交通事故が起きて書かされた念書の効力とは?

事故に遭ってしまった時に警察を呼び、お互いの過失割合などを調べるために現場検証をすることが基本となっています。
色々調べた上で書類が作成されるわけではありますが、その場で交通事故に関する念書を書かされることがありますが、拒否しましょう。
交通事故直後で精神的に混乱している状態で書かされた念書に効力はないのですが、示談の際この念書を理由に相手が不合理な合意を要求してくること可能性があるため、事故現場で念書を求められても拒否する方が良いと言われています。


交通事故直後は精神的に混乱しているから

事故直後というのは混乱状態に陥っていることが多いため、不必要なことを口にしたり行動することは避けた方が良いと言えます。
一番多いのがケガなどについて聞かれた時に「大丈夫です」と答えてしまう事で、これは絶対に言わないようにするべきことみたいです。
交通事故直後は大丈夫かもしれませんが、本当に怖いのは交通事故が起きてしまった後の方なので大丈夫とは言わないように。
そう言ってしまい警察にも届けないとなった場合、後から後遺症などが出てしまっても対応してもらう事が非常に難しくなります。


弁護士に協力してもらおう

事故で混乱していて自分で説明することが難しい事もありますから、弁護士に頼ってみるというのが良いでしょう。
弁護士に無料相談が出来る今、これを大いに活用するのが良いですので一度きちんと相談されてみてはどうでしょうか?
やはり、間に専門家を入れた方が話もまとまりやすくなりますし、相手側に弁護士がついている時でも安心して話を進めることが出来て良いと思います。

Posted in 交通事故に関する事 | 交通事故が起きて書かされた念書の効力とは? はコメントを受け付けていません。

未成年者が起こした交通事故の場合はどうなるのですか?

事故の被害者になってしまって大きなけがをしてしまったりしてしまうこともあると思いますが、もしその加害者が未成年者だった場合は損害賠償などの請求をすることが出来るのか、不安に感じている人もいるかもしれません。
交通事故を起こした相手が未成年者だった場合は、親に損害賠償を請求できるようになっていますからぜひ覚えておいていただけましたら幸いです。
ただし、きちんとした条件が無ければ認められないことが多いですので、しっかりと事前に確認しておかれることをおすすめします。


交通事故の損害賠償請求の詳細について

未成年者が事故を起こしてしまった場合その親に請求することが出来ると話しましたが、条件があります。
それは、子供が無免許で車を運転していることを知っていたにもかかわらず、止めることをしなかったまたは放置していた場合です。
監督義務責任を怠っていたと認められ、賠償金の請求が出来るようになっていますから、しっかり覚えておいてくださいね。
また、車の名義が親だったり親子兼用で乗っている場合、親のお金で購入した車である場合は、運行供用者と認められる可能性が高くなっています。


ネットの情報を鵜呑みにしない

弁護士を呼ばなくてもネットで情報を確認して話し合いを進めるから大丈夫、という人もいるようですがそれは良くありません。
やはり、交通事故を起こしてしまったりその被害に遭ってしまった場合は、必ず弁護士に一度相談をして来てもらうべきです。
弁護士に相談するのもお金がかかるからと言っている人もいますが、今は無料相談も受け付けていますから安心です。

Posted in 交通事故に関する事 | 未成年者が起こした交通事故の場合はどうなるのですか? はコメントを受け付けていません。

交通事故に遭ってしまったら誰に賠償してもらえるの?

当たり前のように過ごしている中で、時として事故に遭遇してしまう事もありますから注意している人も多いでしょう。
車を運転する人や自転車に乗る人などには特に注意していただきたいのですが、どうしても交通事故は起きてしまうものですよね。
では、もし交通事故の被害者に遭ってしまった場合は一体誰に損害賠償を請求することが出来るのか、皆さんは知っていますか?
損害賠償の請求は、加害者側本人に請求することが一般的なのですが、レンタカー業者や車の持ち主にも請求することが出来るのです。


交通事故の請求先を覚えておくと良い?

何も知識がない場合、相手に何か言われてしまった時言い返すことが出来ず、納得させられてしまうこともあります。
交通事故に関しての知識が全くなくて弁護士に相談するという手もありますが、費用も掛かりますから出来れば自分でどうにかしたいもの。
損害賠償を請求できる人をお話しましたが、他にも交通事故を起こした人の勤め先に請求できることもありますし、事故を起こした人の親に請求が出来ることもあるみたいですから、頭の片隅にでも入れておかれると良いでしょう。


基本的には弁護士に来てもらうべき

当事者同士の話し合いではなかなかスムーズに話を進められないことが多いですから、弁護士にお願いをするべきだと言われています。
しかし、弁護士に相談をしたら費用も掛かってしまうと悩んでいる人も多いようで、実際交通事故に遭っても警察の立ち合いの元話し合いを進める人もまた多いのだそうです。
現在では、初回に限りという形ではありますが電話で無料相談をすることが出来るので、ぜひ活用してみるというのもおすすめです。

Posted in 交通事故に関する事 | 交通事故に遭ってしまったら誰に賠償してもらえるの? はコメントを受け付けていません。